いやしの指 みつ

院長より

はじめまして。三津 剛と言います。 高校から7年間ボクシングをしておりました。 そしてプロボクサーになり初めての試合で負けました。 そのとき、試合中左後頭部から舌にかけて痺れが出て「この仕事を続けるのは無理だ」と判断し、 これからは、人の身体を壊すのではなく人の身体を治す仕事をしようと指圧の道に入り、現在も毎日修行のみでございます。 現在、訪問リハビリマッサージでは、川平法(促通反復療法)を取り入れ、脳梗塞の 慢性期に入り機能回復をあきらめている方、まだ機能回復の可能性があります。 お気軽にご相談ください。
お店を東京都のここ成増にて開いています(詳しい場所はこちら